院長の症例日記

手首から肘にかけての鈍い痛み

50代 男性

【主訴】
パソコンで仕事をしていると段々手首から肘にかけての筋肉に鈍痛が出始める。
革のカバンの取ってを握って持ち上げようとすると前腕部が痛くて力が入らない。

【状態】
長時間のパソコン作業(マウス操作)で、手首が少し背屈した状態が続いたり、
キー操作で右手の第2指~5指を過度に使用したことにより、前腕伸筋群の微妙な
筋緊張が長時間続いたことで、オーバーユースを起こしている。

【施術】
右手関節から肘までの前腕伸筋群の緩めるために、マッサージとストレッチを
行ない、患部の疼痛緩和の為に超音波療法を行なった。
手首の動きや前腕伸筋群の動きを制限するテーピングを施した。

【結果】
初回から3回目までは施術後は楽になるが、翌日には元に戻っていた。
4回目の施術時(初回から10日間)にかなり楽になっており、前日仕事帰りに
うっかりカバンの取ってを握って持ち上げてしまったが痛くなかった。

【考察】
定期的に施術できているので、痛みの軽減具合に多少上下はあるが、順調に
改善している。仕事でパソコンを使わない訳にはいかないので、手首に負担の
掛かりにくいマウスの持ち方やキー操作の方法をアドバイスし、前腕屈筋群を
少し鍛えてみるように伝えた。