院長の症例日記

腕相撲後に現れた腕の痛みと痺れ感

40代男性

【主訴】
左肘関節から左前腕・手指にかけての疼痛
左手中指および薬指の痺れ感

【状態】
2週間程前に腕相撲をやってから、左肘周辺と左前腕、頚部から左肩に痛みを感じる。
調理師の仕事をしているので、左手で大鍋やフライパンを振ることが多く、痛みを我慢
しながらの仕事なので痛みが取れない。数日前から指に少し痺れを感じるようになった。

左肘を痛めてから痛みを我慢して仕事をしていたので、左上肢全体がかなり張っている。
硬くなった筋肉が神経を圧迫し、手指への痺れを引き起こしている可能性がある。
左肘の靭帯を痛めた可能性もある。

【施術】
左肘関節へは超音波治療、左前腕部及び頚部から左肩部にかけては徒手療法にて張りを
緩和させて、頚部から左肩・左前腕・左手指部にかけて高周波療法にて神経の促通を促した。

【結果】
一回目の施術後、左上肢全体的な痛みおよび左手指部の痺れ感が軽減。ペインスケール10→7に。
左肘関節外側の一部に痛みが残っている。
二回目は初回と同様の施術で、更に少し左上肢の痛みと左手指部の痺れ感が減少。
ペインスケールは10→5程度まで下がり、ピーク時の約半分くらいになっている。
左肘外側の痛みは若干マシになったようだが、まだ気になるくらい残っている。
3回目も前回同様の施術を行ない、症状は順調に改善している。ペインスケールは10→3or4に。
特に左前腕の痛みはかなり軽減しており、仕事中も気にならなくなってきた。
6回目の施術で左上肢全体の痛みと左手指部の痺れ感はほとんど感じなくなったが、
左肘関節外側の一部に感じてた痛みはまだ残っており、やはり靭帯を損傷していた可能性がある。
今後は左肘外側への治療を優先して行う予定。

【考察】
初診時は痺れ感に加え、左上肢全体の広範囲に痛みがあったので、改善までに時間が掛かると
思われたが、来院間隔をあまり開けずに治療できたのでほとんどの症状に改善がみられた。
ただ、当初から訴えていた左肘外側の痛みに関しては、恐らく腕相撲をした時に靭帯を痛めた
思われるため、もう少し時間が必要と伝え続けての施術を勧めている。