院長の症例日記

階段を上がると股関節(鼡径部)が痛む

40代女性

【主訴】
階段を上がる時や靴下を履こうとして股関節を曲げると鼡径部が痛い。
最近は歩行時にも少し痛みがあり、かばって歩く為腰や臀部も痛み出した。

【状態】
過去にも何度か同様の痛みが現れているが、今回の痛みが一番強い。
今までは歩行時にまで痛むことはなかった。
股関節の可動域は、他動では屈曲位約90度(膝を曲げた状態)までは可能だが、自動では
ほとんど挙がらない。左右では左の方が著明。

【施術】
股関節の動きに関わる筋肉を中心に徒手療法やストレッチで張りを緩和させ、
徒手療法ではアプローチしにくい深部の筋肉に対しては高周波療法にて刺激を行なった。

【結果】
一回目の施術後から鼡径部の痛みは軽減し、翌朝には靴下が普通に履けるようになった。
ただ、鼡径部の痛みが消えた分、腰と臀部の痛みをハッキリと感じるようになった。
二回目の施術は、日中15分程度を歩いている間に3回立ち止まって休憩を入れる位腰と右太腿の裏が張って鈍痛が現れたそうなので、腰と臀部、右ハムストリングスを中心に行なった。鼡径部は痛みが今のところ消失しているので様子を見た。

【考察】
鼡径部の痛みは一回の施術で改善がみられたが、完全に良くなったかどうかはまだ判断できないので、しばらくは注意して診ていく必要がある。腰や臀部の痛みは鼡径部痛が治まれば軽減していくと思っていたが、こちらは返ってハッキリと痛みを感じるようになったので、鼡径部とは原因が別ではないかと思われる。まだ施術の回数が少ないので、何とも言えないが神経痛の可能性もあるので、もうしばらく続けて施術を受けることを勧めている。